クリスマスのマナー

クリスマスというのは、イエスキリストが生まれた日といったイメージを持っている方もいるようですが、実際には生まれた日ではありません。
クリスマスはイエスキリストの生誕祭が行われた日となっています。
とてもロマンチックな聖夜のイメージがありますが、このクリスマスをどのように過ごすのか、日本だけではなく海外にも目を向けてみると良いでしょう。

自由に過ごす人が多くなった

クリスマスは聖なる夜といったイメージを持っていますが、近年では自由に過ごす人が非常に多くなりました。
恋人とのデートを楽しんだり、友人とお出かけを楽しんだりするという方がほとんどです。
また中にはお仕事のためクリスマスなどを意識せず、いつもと変わらずに働くという人もいるのではないでしょうか。

特に決まった過ごし方はありませんので、どのように過ごしてももちろん自由となっています。
あくまでも、聖なる日といったイメージから恋人とのデートや友人とは特別なクリスマスパーティを開くと考える人が増えたことによって、クリスマスが盛大なイベントとして認識されるようになりました。
特に予定がなければお家でゆっくりと過ごすという日でも良いでしょう。
クリスマスは恋人と素敵なお店でディナーと考えたりプレゼント交換などというのは一つの商戦ですので、こうした商戦には乗らず、自由に過ごせすのが一番適しているのかもしれません。

お呼ばれした時の手土産は?

クリスマスパーティなどにお呼ばれした際には、何かしら手土産を持っていく必要があります。
手ぶらで出向くわけにはいきませんので何を持参すればよいのか、前もって考えましょう。
パーティの内容によっても変わってくるのですが、お酒を飲むパーティであればおしゃれなワイン等を持って行くと喜ばれます。

またこの他、最近では有名なスイーツショップで限定品などを購入し持っていくという方も増えているようです。
友人同士でパーティもこの際にはそれぞれが手作りしたスイーツや食事メニューを持ち寄るといった方法でも楽しいでしょう。
大掛かりなパーティにお呼ばれしたというケースでは、やはり夢でのスイーツをはじめとしてなかなか手に入らないワインなどが喜ばれる傾向にあります。

海外では自宅で過ごす人がほとんど

日本の場合にはクリスマスとなると、どこに出かけようかと考える人が大多数ですが、発祥となる海外では家族そろって自宅で過ごすというのが一般的な常識としてマナーになっているようです。
恋人や友人と過ごすのではなく、家族の団欒を楽しみながら聖なる夜を過ごす海外に見習い、私たち日本人も家族とのクリスマスを大切に考えてみるのも良いでしょう。
テレビでは特番などが放送されるので、こうした番組を家族全員で楽しみながら素敵な夜をゆっくり過ごすのも大人の楽しみ方かもしれません。